美容液を毎日使って目の下のたるみを改善しよう

洗顔から見直してみよう

石鹸

ポイントを押さえて選ぶ

スキンケアの基本というほど重要なのが洗顔です。お肌にトラブルを抱えていたり、気になるお肌の悩みを改善したいときは洗顔を見直してみるとよいでしょう。たとえば、にきびを改善したいときは、洗顔方法はもちろんのこと、洗顔の際に使用する石鹸も同時に見直すことが大切です。にきびを改善するために洗顔石鹸を選ぶときは、いくつか確認しておきたいポイントがあります。まず、にきびは刺激することで悪化してしまう心配がありますので、お肌に負担になってしまう防腐剤や香料、界面活性剤といった成分が配合されていない石鹸を選ぶことが重要です。特に合成界面活性剤が配合されている製品は洗浄力が強すぎる場合があるため、にきび肌の負担になってしまいます。そのため、合成界面活性剤が配合されていない製品かどうかを事前にきちんと確認しておきましょう。また、お肌が乾燥するとにきびができやすくなると言われています。余分な皮脂だけを取り除いてくれるほか、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分が配合されているかどうかも忘れずに確認することが肝心です。さらに、にきびの炎症が気になる場合は、グリチルリチン酸ジカリウムなど抗炎症成分が配合されている洗顔石鹸を選ぶと安心です。そして、弾力があるきめ細かな泡ができる製品を選べば、にきびに負担をかけることなく、質のよい泡でやさしく洗顔できます。にきびを改善するために洗顔石鹸を選ぶときは、これらのポイントを頭に入れておきましょう。