美容液を毎日使って目の下のたるみを改善しよう

ニキビのスキンケアの仕方

女性

赤みやシミを改善するには

ニキビ跡を毎日のスキンケアで治したい場合は、ニキビ跡のタイプに合った適切な化粧品を使うことが大切です。特に大人になってからのニキビ跡は治りにくいので、肌をきれいに保つために早めに正しいケアをする必要があります。ニキビが化膿を起こし炎症が収まった後、肌に赤みが残ります。赤みになったニキビ跡は、そのままにしておくと自然に消えます。しかし、大人になると加齢やストレスなどから代謝やターンオーバーが乱れるので、なかなか消えにくくなります。赤みタイプのニキビ跡は、炎症を抑える作用がある化粧品を使ってスキンケアをするのがお勧めです。また、乾燥すると紫外線が浸透してシミになりやすくなるので、保湿効果が高いヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン入りの化粧品でしっかり乾燥を防ぐことが大切です。ニキビ跡の赤みが太陽の紫外線を浴びると、色素沈着して茶色いシミのようになります。茶色くなってしまったニキビ跡は、ホワイトニング効果がある美白系の化粧品を使ってスキンケアをすると効果的です。ビタミンC誘導体には、色素沈着を分解する働きがあります。また、ビタミンC誘導体には抗菌作用や抗炎症作用があり、できてしまったにニキビを早く治すことができます。さらに皮脂抑制効果もあるので、ベタつきが原因のニキビを予防することもできます。ビタミンC誘導体入りの化粧品は、ニキビ跡の改善からニキビの予防までできるので、1つ持っておくと便利です。